母親のぐうたら具合に辟易

一年前に癌の手術を受け、無事退院した母親なのですが、退院してからというもの
生活習慣が一変してしまい、一緒に住んでいる私も困っています。

母、手術後の抗がん剤治療などで半年間はずっと家で寝ており
その間は私が買い物や炊事洗濯をかわりにやっていたのです。
家でテレビとパソコンを見るしか楽しみがなさそうだったので
新しいパソコンとアップルTVを購入してHULUを視聴できるように
私が用意しました。

最初は、興味がないと言っていた母親ですがHULUのアメリカドラマにはまって
朝、昼、晩、早朝までテレビに向かうようになりました。
私が朝目覚めて会社に行く時間に布団にもぐったまま出てきませんでした。

さらに、気を使って母親の好きなおはぎやプリンを
スーパーでまとめて買うのですが、
夜中におなかがすくらしく食べるのはいいのですが
一晩でおはぎ4個、プリン2個、あずきバー4本を
平らげていました。

お昼はテレビを見ながら家事をするため
夕方に帰宅すると、掃除機がコンセントに
つながったままリビングに放置してあったり、
洗濯機の汲み取りホースが湯船にそのまま
つかっていたり、
台所に中途半端に切った野菜と蓋の開いた缶詰が
ずっとおいてあったり
お皿も朝ごはんを食べた分がそのまま
残っていたりします。
本人は家事を休憩するつもりでテレビを見て
いるのでしょうが、ほとんどの場合
途中で放置してテレビに釘付け状態です。

そのわりに、私が洗濯を干したり
お皿を洗ったりするとちゃんと干せていない、自分の思ったようにやりたい
という始末で結局まったく手をつけられずに放置されているのが現状です。

そんな母親の口癖は、お金がほしいとか
規則正しい生活をしていた病院に戻りたいという
身勝手なものです。
何かものをつくることを私は進めているのですが
貧乏くさいという理由で聞く耳をもちません。
母親は以前、某有名百貨店の部長クラスにいたので
ものを作るという行為がたいしたお金にもならないのに
一生懸命になって貧乏くさいと映るようです。

現在はお菓子の購入を控えていますが朝まで起きている生活が結局改善していないので
本人の好きなようにさせています。

また、飲料水や料理に使う水を、私は香川県の高松市に住んでいるのですが、ハローズやマルナカでわざわざ重たいのに貰って来ていたのですが、母が結構な無駄遣いをしてしょっちゅう取りに行かないといけなくなっていました。仕事終わりで疲れているのに頑張って取りに行ってすぐになくなる。。ウォーターサーバーを家に置こうとも思っていたのですが、毎月いるお金のことを考えるとどうしても置くことができていませんでした。が、もうこんなことばかり起こって取りに行くのも大変なことを考えるとお金には変えられないのかなと思ってウォーターサーバーを置くことにしました。

高松であるのが、クリクラやアクアクララ。値段や評判を調べて我が家はクリクラにしました。

こちらで検索⇒ウォーターサーバー高松

ウォーターサーバーを設置してから私が取りにいく手間等が省けたのですが、母が使う量が増えてしまい、結果出費が増えている感じになってしまっていることが残念です”(-“”-)”

 

 

お金に困った出来事

【パチスロで失ったお金と友人】

今から、五年ぐらい前にパチスロにどっぷりハマっていた時期がありました。会社帰りに毎日打っていました。

ギャンブルは勝ち続ける事が出来ないのは周知の事実です。なので、当然負けます。勝ったり、負けたりが交互に来るぐらいならまだマシなのですが、負けが込んでくると、どうにもなりません。常に金欠状態です。

それでも、打ちたくなって、友達に金を借りて打ったりしてました。返すのはいつでも良いよという甘い言葉に甘えて返すのがついつい遅くなってしまった事が多々ありました。

スロットの軍資金がない時はローン会社からも借りていましたからね。カードローンだと利用目的は自由なので、スロットの軍資金としても使うことができるらしいのです。※詳細は・・・パチンコ・スロットの軍資金が足りない時に便利な即日融資カードローン

それによって友人を一人失いました。最後は取り立て屋の如く脅されました。まあ、返さなかった私が悪いんですが、人間ここまで変わるかというぐらいの、友人の変わりように背筋が凍る思いでした。

友人は私の家まで取り立てにきたので、親に借金をして友人に返しました。それからはその友人とは連絡を取り合っていません。

もう二度と人の金では打たないと、固く心に刻みました。それがきっかけでパチスロもやめました。

今にして思えば結果としては良かったと言えますが、二度とあんな体験はしたくありません。心が傷つくと立ち直るのに時間がかかります。私もずいぶん時間がかかりました。

今は、ギャンブルの無い生活に充実感を感じています。
【定期代が給与から天引き!】

昨年潰れそうだった会社を退社した時の話です。その会社では半年分定期代を半年に1回給与と一緒に振り込むのですがその金額は結構高額で手取りの半分以上になるほどでした。

そして昨年10月、あまりにも給与が安かったので退職を希望し、辞表提出をして受理されたのですが、タイミングが悪かったのか経理が面倒だったのか、10月25日に丸々半年分の交通費が振り込まれてしまい、また12月末に支払われる退職金から天引きするはずが、12月の最後の給与を見てびっくり、一桁違う金額しか振り込まれていませんでした。

そうなんです、半年分の定期代が天引きされてしまい、退職金が出るまでの約1週間(25日が休日と重なっていたため支給日が前倒しでした)、かなり危ない生活をした記憶があります。

本当に退職金が出るのかどうかも不安になりましたし…。私自身、12月にはなにかと物入りがありましたし、年末年始には北海道の実家へ帰るための航空券なども買う必要があったのである程度、以前振り込まれた交通費を使用しないとしのげない状態だったのです。

きっと会社のほうは、やり繰りが大変だったのでしょうが、いきなりそうなったのには驚きましたし、改めて辞めて良かったんだと思いました。
【金欠就職浪人】

私就職浪人をしてしまった関係で、大学生を5年やった関係で1年分余計に学費を払うことになったのですが、両親が 5年目の大学在籍を認めてくれた条件とというのは学費は自己負担。

そして家に食費を毎月3万円入れること。という話だったんのであの1年間は本当にお金なかったです。

まず学費が確か年間で120万円くらい。4年から3月までの年間で36万円の食費。156万円です。

これはなかなかハードな金額でした。ほとんどずっとバイトしていけないくらいの金額だったので、それはそれはハードな労働をしてました。

しかも収入の70%くらいは学費に消えるわけなのいで、手持ちのお金は完全に0に近く完全の金欠だったので最も遊んでいない年だったかもしれません。

無事就職できましたし、卒業もしたので今はそれなりの生活できているので
よしとするべきなんでしょう。本当の意味でお金がなくて困ってる人はもっといるでしょうし。

私は食べ物は確保されてましたのでまだ幸せな感じのお金のなさだったかもしれませんがそれはそれで、遊びたい盛りの大学生のころですから今思うと、今のお金を少し貸してあげて、もっと遊んで欲しいことは間違いないですし、今はお金ある程度はありますが、遊ぶ元気がなくなってますのでの、当時の自分にお金を融資してあげたいです。
【家計簿をつけてみるといいです。】

お金がなくて困ったというエピソードって中々ほかの人から聞けないものですよね。

お金がないということは例えば携帯代や家賃代などそういうものが払えなかったり生活費がないとかこれが欲しいけど今お金がないという感じまで様々。

私の場合の困ったエピソードでもっとも多いのは上に挙げている、生活費がないということが多かったです。嗜好品やギャンブルに手を出しているわけでもなかったのですが、毎月毎月給料日ギリギリになるとお金がないのです。

給料が少ないんじゃない?と言われたら確かにその通りなのですが、それでも人並み程度に貰っているんですよね。

あまりに困ったので友人に相談したところ、1回収支を書き出してみたらどうか?とアドバイスをもらったのです。

こうして今までもらわなかったり、そのままゴミ屑の中へ捨ててしまったりしていたレシートを出来る限り保存して置こうと心に決め、子供のころにやった記憶があるようなおこづかい帳もとい家計簿を付けてみることにしました。

そして1ヶ月、2ヶ月とやっていく内に、なぜこんなにお金がないのかということがはっきりとわかってきたのです。そう私は一人なのに食費が4万とすごく高かったのです。

意外と外食をしていたり、一人分作るよりはさっさとテイクアウトで済ませてしまおういう部分がやたらと目に付いて出費を出していたのでした。

こうして私はその後順調に食費を減らし、自炊したりすることでお金に困るということはなくなりました。

世の中のお金に困る皆さんも是非家計簿をつけて一体何がお財布の紐を緩めてしまっているのかを確かめると、その解決と糸口が見つかるのではと思いますよ。
【突然の入院での大出費!】

私はいつも通り仕事をしていました。いつもと違うところは、仕事が忙しくて土日のうちどちらかは出勤し、平日の仕事は2時間以上残業していた事でした。

当時ちょうど飲み会が大好きになったこともあり、よく飲みに行くようになりました。食生活時間もくるってしまい、睡眠時間も少なくなっていました。

割とそういった生活は行っていましたが、飲みに行きすぎたり偏った食事生活をしていた事が祟り、体調を崩してしまいました。

そして検査のために病院へ行き採血をしたところ…なんと肝炎!

急に医者から「この数値だと入院レベルです。」と告げられました。肝炎といえば急性肝炎で亡くなった。等と言われる怖い病気。私は即入院を決めました。

結局この肝炎はウィルス性なだけで、慢性にならず大事には至りませんでした。

ただ、肝炎を治療する間の入院費・治療費・食事療法費の請求が後からきて、一気にお金が飛んでいきます。まだそこまでキビキビ動ける状態ではない時で、しかも貯蓄が足りるか怪しくて焦ってしまいました。

傷病手当金などはいただいたものの、やはりマイナス金額は大きく、それからしばらくの間は激節約生活をすることとなりました。

私の場合は入院と聞いて飛んできた母にお金を借り、事なきを得ましたが、いつ突然の出費により困ったことが起きるか分からない事を知り、身体は大切にしようと誓う、教訓となりました。

 

素早い審査をしてくれるので即日融資が可能なローン

素早い審査で人気の即日融資を希望するという方は、どこからでもPCでもいいし、または、スマートフォンやケータイがかんたんで便利です。カードローンの会社の申込ページで申込を行います。

以前はなかったのですがキャッシングローンなんて、かなり紛らわしい単語も登場していますから、キャッシングだとしてもカードローンであって、現実的には使い分けが、きっとほぼすべての人に意味のないものになったと言ってもいいのではないでしょうか。

即日キャッシングを取り扱っているキャッシング会社のどこに、新規キャッシングのための手続きをすることを決めても、その申込をするところが即日キャッシングの対応で入金してくれる、最終時刻も肝心なことですから、絶対に頭に入れてから利用申し込みを行うことが大切です。

即日キャッシングを扱っているキャッシング会社に関しては≪こちら≫をご覧下さい。

いきなりの出費の場合に、最終兵器の注目の即日キャッシング可能な会社と言うと、平日でしたら14時までのインターネットを利用したWeb契約によって、申込をしていただいた当日の入金となる即日キャッシングでの対応もご相談いただける、プロミスだと思います。

ノーローンが実施している「キャッシングが何回でもキャッシングしてから1週間は無利息」などというこれまでにはなかったサービスを実施しているところを目にすることもあります。見逃さずに、無利息でのキャッシングを利用して借りてみるのもいいでしょう。

いくつかの会社で実施されている無利息キャッシングは、もしも30日以内に、借金完済の可能性がなくなっても、一般的な融資で普通に利息の発生する条件で借りたものと比べてみて、利息がかなり少額で抑えられるわけですから、とてもお得な仕組みだと言えるのです。

キャッシングを申し込むときの審査とは、利用希望者の返済能力の有無に関する調査結果を出すための審査です。キャッシングを希望している人自身の勤務年数とか収入の額によって、自社のキャッシングを実行しても大丈夫なのかを徹底的に審査していることになります。

キャッシングの場合だと、他の融資商品よりも審査がかなり早いので、即日キャッシングによる振込処理ができなくなる時間までに、定められた諸手続きがすべて完了できているようなら、手順通りに即日キャッシングによって貸してもらうことが認められます。

最近では見かけることが多い無利息でのキャッシングができた最初のころは、新規融資の方だけで、1週間までだけ無利息になっていました。そのころと違って、今は借入から最初の30日間は完全無利息というのもあって、そこが、無利息期間の最長のものとなっているのをご存知でしょうか?

お金がないときにキャッシングを使ったりカードローンを使ったりして、融資が決まって借金を背負うことになっても、全くおかしいことはないのです。今時は女の人しか借りることができない女の人が借りやすいキャッシングサービスも評判です。

あなたがキャッシングをするかもしれないのであれば、しっかりとした準備が不可欠だと考えてください。仮にキャッシングによる融資申込をするのであれば、利子についても業者によって違うので確認しておきましょう。

利用者急増中のキャッシングを申込むのに、メインになっているのは、時間も節約できるWeb契約という今イチオシのやり方です。必要な審査を受けていただいてその結果が融資可能だったら、めでたく契約成立で、知らない街でもATMがあれば必要なお金を手にすることができるようになり、今一番の人気です。

無利息期間と言われるサービスが利用できる、即日キャッシングしてくれるものを上手に利用していただくと、金利の数字に振り回されずに、スピーディーにキャッシングが決定できるので、お手軽で簡単にお得なキャッシングをしていただけるサービスだというわけです。

カードローンを利用することの利点と言えば、忙しくても自由に、返済可能な点です。年中無休のコンビニのATMを返済の窓口として利用すればどのお店からでも随時返済だって可能だし、パソコンやスマホを使って返済することも対応可能なのです。

その日、すぐにあなたが希望している額をキャッシングしてくれるのは、消費者金融が提供している今注目の即日キャッシング。とにかく審査の結果が良ければ、超スピーディーに希望の金額のキャッシングができるのです。

返済計画がないのでしたら借りるべきではないと思います

お金を借りると一言で言っても,理由は様々あると思います。
生活するうえで,お金を借りなければならない場合は多数あると思います。

多くの人たちが利用している,自動車の購入のための自動車ローンや住宅購入のための住宅ローンも一種のお金を借りることになります。

また,事業を起こすためや設備投資の資金を借りる人も多いのではないでしょうか。
これらの場合は,返済の可能性について審査が通り,借りることができます。

家族・友人・消費者金融などからお金を借りる場合,返済できるかどうかが問題だと思います。
返済計画がしっかりできた上で,お金を借りるのでしたら何の問題もないと思います。

しかし,返済の目処もなく,お金を借りるのは問題だと思います。

生活費に困っているのでしたら,収入と支出を見直したり,財産を手放したりしてでも,自分で何とかするべきなのではないでしょうか。

お金を借りる前に,できることはあると思います。
それでもお金が必要でしたら,福祉の手借りることもできるはずです。

最悪なのは,ギャンブルなどにハマッテしまい,その資金欲しさにお金を借りることです。

消費者金融などから気軽にお金を借りて返済不能となり,簡単に自己破産や債務整理をする人たちは理解できません。